自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

近年増えつつある自然葬

自然葬とは普通行われている墓石の下に遺骨を埋葬する方法とは違って、海や山などに遺骨や遺灰を埋葬、散骨して本来の自然の循環の中に戻すという方法です。最近は墓石を使う埋葬法と同じように、この世に生きた証しである名前や戒名などをプレートなどに刻印したり、海への散骨の場合などに極少量の遺灰を残して手元でも供養するなど、遺族や本人のさまざまな思いに合わせて多様化してきています。



海洋葬では細かくした遺灰を海へ散骨しますが、海ならどこでも良い訳ではなく、近隣の人に迷惑がかかってもいけませんから、実際は専門の業者に手伝ってもらう事になります。



樹木葬では木の下に遺骨を埋葬するので埋葬許可証が必要で、樹木葬専用の霊園や普通の霊園の中に設けられた樹木葬専用の場所、お寺の裏山など墓地として許可された土地になります。



最近、自然葬を望む人が増えているのは自然の循環の中へ還りたいという気持ちだけではなく、少子化、高齢化、核家族化によってお墓の維持が出来ない人が増えた事も関係しているでしょう。また、残された身内にお墓の維持や供養などで経済的、時間的負担をいつまでもかけたくないという理由からこの埋葬方を望む人も多いようです。



さまざまな自然葬の内容を吟味すると、永代供養を兼ねる埋葬方をとるところもあります。



現代においては、後にはなにも残らないのが自然葬という訳でもなく、それぞれの人生に合った自然葬を選ぶ事が出来ます。特定の宗教を信じない人にとっても選択しやすい埋葬法かもしれません。



    関連リンク

    • 海へ散骨する「自然葬」のお値段

      人工物で溢れた現代社会での生活は肉体的にはとても便利なものですが、あくまで自然の生き物の一種である人間の精神にとっては必ずしも優しいものではありません。だからこそ、死後は冷たい墓石の中ではなく、自然のいのちのサイクルの中に還りたいと望まれる方は少なくはありません。...

      detail
    • 近年増えつつある自然葬

      自然葬とは普通行われている墓石の下に遺骨を埋葬する方法とは違って、海や山などに遺骨や遺灰を埋葬、散骨して本来の自然の循環の中に戻すという方法です。最近は墓石を使う埋葬法と同じように、この世に生きた証しである名前や戒名などをプレートなどに刻印したり、海への散骨の場合などに極少量の遺灰を残して手元でも供養するなど、遺族や本人のさまざまな思いに合わせて多様化してきています。...

      detail