自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

自然葬についてのこと

自然葬とは、従来の日本で行われる墓ではなく山や海などに遺体や遺灰を自然に還すことによって、大きな循環の中に回帰して行こうという葬儀の方法です。



現在では、自然葬を望む風潮が強くなっていますが、自然に帰りたいという思いのほかに、核家族や少子化によって墓の管理維持が難しくなっているという背景もあります。



散骨や鳥葬、土葬や樹木葬なども自然葬と考えられており、現在では散骨が主な自然そうとなっています。



散骨の代表的なやり方としては、専門業者や個別によって船をチャーターして砕いた遺骨を海に撒く「海洋散骨」と、森林や公園のような場所に、遺骨を地中に埋めてその上に樹木を植えて墓標とする「樹木葬」などの方法があります。

散骨を規定する法律はないため、個人で散骨を行うことも可能となっていますが、マナーとして周囲に迷惑をかけない、遺骨と分からないように骨は粉末状になるまで砕く、環境に配慮し、個人の私有地や漁場や海水浴場の近くで撒いてしまえば他人の迷惑になってしまいまっす。
また、親族の意見を聞いておかなければ後にトラブルとなってしまう可能性もあるため、事前に十分に話し合うことで理解を得ることが大切です。



一般的な墓に入れる埋葬の仕方とは異なり、散骨は遺骨が失ってしまうため供養したいときに遺骨が無く困ってしまうというケースもあります。



そうならないためにも全て自然に還すのではなく、遺骨の一部を手元においておき供養するという方法もあります。



    関連リンク

    • 近年増えつつある自然葬

      自然葬とは普通行われている墓石の下に遺骨を埋葬する方法とは違って、海や山などに遺骨や遺灰を埋葬、散骨して本来の自然の循環の中に戻すという方法です。最近は墓石を使う埋葬法と同じように、この世に生きた証しである名前や戒名などをプレートなどに刻印したり、海への散骨の場合などに極少量の遺灰を残して手元でも供養するなど、遺族や本人のさまざまな思いに合わせて多様化してきています。...

      detail
    • 自然葬についてのこと

      自然葬とは、従来の日本で行われる墓ではなく山や海などに遺体や遺灰を自然に還すことによって、大きな循環の中に回帰して行こうという葬儀の方法です。現在では、自然葬を望む風潮が強くなっていますが、自然に帰りたいという思いのほかに、核家族や少子化によって墓の管理維持が難しくなっているという背景もあります。...

      detail