自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

自然葬を執り行いたい場合に注意すべきこととは

人は自らの寿命を全うすると誰もが静かにこの世を去っていくものです。
その大切なひと時を見守る遺族としては、できるだけ故人の生前の考え方や意向に添って葬儀を執り行ってあげるのが大切なこと。


その中でも最近では自然葬という考え方が広まってきています。



そもそも自然葬とは世界中でそのあり方が散見でき、人間の生命が自然から生まれ、自然へと回帰していくという大らかな考え方や自然観、生命観によって成立しています。

つまり、亡くなった方の遺骨を墓地に埋葬するのではなく、自然の中に散布するのです。たとえば山の中に生えた大樹の根本に遺灰を撒いたり、あるいは故人の思い入れの深い故郷の地などに撒くというやり方もあるでしょう。



さらにその場所を特定できるようなものではなく、海や河などに撒いて流れと一体化してしまう方法もあります。

しかしこのような考え方としては理想的な自然葬ではあるものの、実際に執り行うにあたっては注意が必要です。



というのも、この狭い日本で勝手に遺灰を撒いては問題になるケースも多いからです。



もしも私有地に勝手に撒いてしまうと訴訟を起こされかねません。そうした事態を回避するためにも、自然葬を望むのであればその手法に詳しい葬儀社にプランニングを依頼するのが良いでしょう。



そうすれば遺灰を撒くことの出来る場所を探してくれたり、そのために必要な埋葬許可証などの手続きに関してもきちんと教えてくれるので安心です。



後で問題が浮上しては故人の魂も休まりませんので、しっかりとノウハウのある業者に頼むのがベストと言えるでしょう。

    関連リンク

    • 近年増えつつある自然葬

      自然葬とは普通行われている墓石の下に遺骨を埋葬する方法とは違って、海や山などに遺骨や遺灰を埋葬、散骨して本来の自然の循環の中に戻すという方法です。最近は墓石を使う埋葬法と同じように、この世に生きた証しである名前や戒名などをプレートなどに刻印したり、海への散骨の場合などに極少量の遺灰を残して手元でも供養するなど、遺族や本人のさまざまな思いに合わせて多様化してきています。...

      detail
    • 自然葬を執り行いたい場合に注意すべきこととは

      人は自らの寿命を全うすると誰もが静かにこの世を去っていくものです。その大切なひと時を見守る遺族としては、できるだけ故人の生前の考え方や意向に添って葬儀を執り行ってあげるのが大切なこと。...

      detail