自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

海へ散骨する「自然葬」のお値段

人工物で溢れた現代社会での生活は肉体的にはとても便利なものですが、あくまで自然の生き物の一種である人間の精神にとっては必ずしも優しいものではありません。



だからこそ、死後は冷たい墓石の中ではなく、自然のいのちのサイクルの中に還りたいと望まれる方は少なくはありません。

このような方の思いに応えるために生まれたのが「自然葬」です。
「自然葬」ではお骨をお墓に納めるのではなく、土や海などの自然の中に散骨します。



お墓を必要としない「自然葬」の広まりは、核家族化によるお墓不足やお墓の跡継ぎ問題を解消する意味もあります。


お墓を必要としないために低コストで済む埋葬方法とも言われますが、実際に掛かる費用は様々です。



「自然葬」にも種類があり、それぞれの中でも具体的な方法の違いや行う場所の違いなどによって費用が異なるのです。
ここでは最も一般的な「海への散骨」を例とします。


海へ散骨する場合には、まずはお骨をパウダー状にしなければいけません。



これだけであれば3万円程度が相場です。


続いて、パウダー状にしたお骨を散骨するために、船に乗ってある程度の沖合までいく必要があります。


海への散骨は一般的に公海上で行う場合には問題がないとされているからです。



このとき、個人や家族レベルで貸し切った船を使う場合、複数のご家族で共同で借りた船を使う場合、遺族は同乗せずに散骨を業者に委託してしまう場合など、状況によって費用は異なります。

船に同乗して自分たちで一緒に散骨したい場合には、20〜30万円ほどかかると言われています。

ただし、これはあくまで目安であり、散骨する場所や使用する船の種類などによって、金額は異なってきます。



    関連リンク

    • 近年増えつつある自然葬

      自然葬とは普通行われている墓石の下に遺骨を埋葬する方法とは違って、海や山などに遺骨や遺灰を埋葬、散骨して本来の自然の循環の中に戻すという方法です。最近は墓石を使う埋葬法と同じように、この世に生きた証しである名前や戒名などをプレートなどに刻印したり、海への散骨の場合などに極少量の遺灰を残して手元でも供養するなど、遺族や本人のさまざまな思いに合わせて多様化してきています。...

      detail
    • 自然葬を執り行いたい場合に注意すべきこととは

      人は自らの寿命を全うすると誰もが静かにこの世を去っていくものです。その大切なひと時を見守る遺族としては、できるだけ故人の生前の考え方や意向に添って葬儀を執り行ってあげるのが大切なこと。...

      detail