自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

自然葬が現代で注目されるようになったのはどうして?

自然葬は世界的に見ても珍しいものではありません。

特に「お墓」という概念がまだ一般的でなかった時代には当然の物として行われていましたし、現代に至るまで失われることのなかった文化でもあります。



日本国内では1948年に墓地および埋葬のルールが法律で作られたために一時は少なくなっていましたが、現代では再び注目される葬儀の方法として扱われるようになりました。

尼崎の葬儀の情報をあなたにご紹介いたします。

では自然葬はどうして再び注目されるようになったのかというと、これは市民運動団体の働きが大きかったと言えます。しかしそのルーツをより詳細に見ていくと、自然葬が現代で注目されるようになった背景には主に二つの要因があるのです。



まず一つ目の要因となるのが「故人の願いをかなえる」というものです。

「死んだ後は自然に還りたい」、「わざわざお墓を建てる必要はない」というような願いを持って亡くなる人は少なくなく、そうした人の願いをかなえるのであれば自然の中に葬ることになります。

もう一つの理由となるのが、「自然の中にお墓を建てることは環境破壊に繋がる」という発想です。

現代では人の生活が非常に豊かになったのと同時に自然への負担が大きくなったとされているのですが、日本国内で墓地を拡張する際には山林を切り開く必要が出てきます。

https://okwave.jp/qa/q5232715.html情報に関する耳より情報を公開しています。

環境に配慮する考え方を持つ人たちが増えたため、自然により負担をかけない自然葬の考えが広まってきたのです。

今探すならこちらのhttp://top.tsite.jp/entertainment/celebrity/i/25089638/の最新情報を見つけよう。

またこれらとは別に日本国内では厚生省や法務省が自然葬を否定せず、節度を守るという前提さえあれば容認できるものだという見解を示したことも大きな影響を与えました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12140658282

まだ墓地では無い場所に遺体を葬るということに抵抗感を感じる人がいるのは事実ですが、今後新たな葬儀の方法としてさらに広まりを見せる可能性があることは確かと言えるでしょう。


    関連リンク

    • 自然葬を執り行いたい場合に注意すべきこととは

      人は自らの寿命を全うすると誰もが静かにこの世を去っていくものです。その大切なひと時を見守る遺族としては、できるだけ故人の生前の考え方や意向に添って葬儀を執り行ってあげるのが大切なこと。...

      detail
    • 海へ散骨する「自然葬」のお値段

      人工物で溢れた現代社会での生活は肉体的にはとても便利なものですが、あくまで自然の生き物の一種である人間の精神にとっては必ずしも優しいものではありません。だからこそ、死後は冷たい墓石の中ではなく、自然のいのちのサイクルの中に還りたいと望まれる方は少なくはありません。...

      detail